アリススプリングスで現地ツアーに参加

オーストラリアのエアーズロックは世界中の人が知っている有名観光スポットであり、オーストラリアの原住民であるアボリジニの聖地でもあります。砂漠地帯のエアーーズロックに個人で行くのはかなり難しく、エアーズロックを聖地と崇めているアボリジニとの問題もあるので、日本からのツアーか現地ツアーに参加した方が良いでしょう。エアーズロックから近い砂漠の中の街であるアリススプリングスからもツアーが出ており、3泊4日ほどウルル=カタ・ジュタ国立公園への観光に連れて行ってもらうことができます。ツアー中滞在するのはテントや野宿になる場合もあり、毎日シャワーに入れない場合もあります。砂漠の中を移動するので水の確保が難しいんですね。

いざエアーズロックへ!

エアーズロックを含むウルル=カタジュタ国立公園は非常に広い範囲で、一つ一つゆっくり観光をしていてはかなりの時間がかかってしまいます。多くのツアーでは観光の目玉であるエアーズロック観光、中でもエアーズロック登山に多くの時間を割いています。体力や歩くスピードによって当然個人差はありますが所要時間は3時間ほど。しかしこのエアーズロック登山は天候に左右されやすく、年間100日ほどしか実際に登ることはできません。少しでも風がきついと滑落の危険があるためです。それではせっかくエアーズロックまで来たのに登山できない場合は何をするのか?天候の影響で登山が不可能となった場合は、エアーズロックの外周をトレッキングすることになります。一言でトレッキングと言ってもあの大きな岩の外周を歩くには3時間近くかかり、エアーズロックの見たことが無い一面を見ることができます。